Columnコラム

  • HOME
  • コラム
  • 結婚指輪につけられるシークレットストーンとは?

結婚指輪につけられるシークレットストーンとは?

結婚指輪につけられるシークレットストーンとは?

日常的に身に着ける結婚指輪は、デザインをシンプルなものにしたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
シンプルな結婚指輪には、シークレットストーンを埋め込んでさりげない特別感を演出することもオススメです。

 

本記事では、結婚指輪にシークレットストーンを埋め込むメリットやデメリットを詳しく紹介します。
結婚指輪の購入と同時にオプションの追加を検討されている方は、是非最後までご覧ください。

シークレットストーン(裏石)とは?

シークレットストーンとは結婚指輪の内側の部分に埋め込む宝石のことで、インサイドストーンや裏石とも呼ばれます。

 

指輪の裏面に文字を刻印するサービスと同じように、結婚指輪を購入する際に選べるオプションのうちの1つです。
1種類の宝石を埋め込むことが一般的ですが、指輪のサイズやお店によっては複数の宝石を埋め込むことも出来るので、確認してみても良いでしょう。

 

指輪に埋め込む宝石は好きなものを選べる、見た目をシンプルに見せつつ内側部分で自分だけの特別感を出したい方にオススメです。

シークレットストーンが持つ意味とは

指輪に埋め込む宝石には、古くからお守りとしての役割や、願いごとを叶えられる力があるとされています。
そのため、宝石を埋め込むことで、指輪自体がお守りのような役割を持ち、パワーを発揮するとも言われています。

そのため、見た目のオシャレさだけではなく、お守りとして裏石を入れる人もいます。  

また、宝石を内側に入れれば、どんな宝石が入っているかが他の方からは分からなくなり、2人だけが理解出来るような特別な指輪にすることも可能です。

 

選ぶ宝石によって含まれるメッセージや意味が異なるので、どの宝石を指輪の内側に埋め込むかは、パートナーと相談して決めるとよいでしょう。

シークレットストーンを結婚指輪に入れる3つのメリット

結婚指輪に宝石を埋め込むメリットは、主に3つあります。

 

それぞれのメリットについて詳しく紹介します。
指輪に宝石を埋め込むことを検討されている方は、是非参考にしてください。

メリット①隠れたオシャレとして楽しめる

結婚指輪は日常的に身に着けていることが多いため、指輪のデザインをシンプルなものにしたいと考えている方も多いでしょう。
しかし、せっかく結婚指輪を着けるのであれば、1つのオシャレとして楽しみたい場合もあるかもしれません。

 

そんな方には、指輪の内側に宝石を埋め込んで、隠れたオシャレをする方法がオススメです。
あえて外に見せないオシャレとして、他の人とは違った結婚指輪の楽しみ方ができます。

メリット②パートナーとの絆を感じられる

お互いに相談した宝石を指輪に入れることで、パートナーの存在をより感じられる結婚指輪になります。

 

また、パートナーの誕生石を自分の指輪に埋め込むことで、お互いの絆を感じられるでしょう。
結婚指輪のデザインが男女で違う場合にも、共通の宝石を埋め込めるのでオススメです。

メリット③選んだ宝石をあしらえるため特別感が得られる

お店で購入した結婚指輪にオプションを付けずにそのまま身に着けると、他の方の指輪と同じデザインになることは避けられません。
しかしパートナーと選んだ宝石をあしらうことで、2人だけの特別な結婚指輪になります。

 

デザインが異なる指輪であったとしても、選んだ宝石を埋め込むことで、特別感が増した結婚指輪になるのでオススメです。

シークレットストーンを結婚指輪に入れる2つのデメリット

宝石を指輪の内側に入れることで、特別感のある結婚指輪となるメリットがある一方で、デメリットもあります。
ここからは、2つのデメリットについて詳しく解説していきます。

 

宝石の刻印を検討されている方は、2つのデメリットも押さえておくことがオススメです。

デメリット①皮脂や汗で宝石が汚れてしまう

シークレットストーンは、宝石を指輪の内側に入れるオプションのため、必ず皮膚と指輪が接触しています。
意図していなくても皮脂や汗によって、宝石が汚れやすいことがデメリットです。

 

例えば、指輪を着けたまま運動をしてかいた汗を放置してしまうと、宝石に汗がついて汚れてしまいます。
また、手を洗った際の泡の残りや、ハンドクリームなどが汚れとして溜まることもあります。
皮脂や汗で汚れた宝石は、きれいな状態に比べて曇って見えるため、指輪の内側にあって目立たないとはいえ、見栄えはよくありません。

 

汗をかいた場合には、指輪を外して汗を拭くか、水で洗い流すことをオススメします。
水で洗った後、水が残っている状態で指輪を身に着けると、残った水で宝石が曇ってしまうため、しっかりと水をふき取ってから指輪を身に着けましょう。  

埋め込んだ宝石を汚さないように気を付けたい方は、定期的にクリーニングを依頼することがオススメです。

デメリット②仕上がるまでに時間がかかりやすい

シークレットストーンは指輪の内側に埋め込む必要があるため、仕上がりに比較的時間がかかります。
場合によっては、想定していた日に指輪が仕上がっていない可能性もあるため、注意しなければなりません。

 

指輪を購入する際に、お店にどのくらいの日数がかかるのかをあらかじめ確認しておきましょう。
指輪を受け取りたい日に、宝石の埋め込みが出来上がっているよう、日数に余裕を持って依頼することが大切です。

シークレットストーンにはどのような宝石を選べばよいのか

シークレットストーンで入れる宝石には特に決まりはありませんが、一般的には自分の誕生石や星座席を入れることが多いです。
シンプルに自分や相手の誕生石を選ぶこともよいですが、宝石にそれぞれ込められている意味を参考に選ぶこともオススメです。

 

参考までに誕生石の石言葉を紹介します。

誕生石の石言葉
宝石名 石言葉
1月 ガーネット 親愛、情熱、友愛、真実
2月 アメジスト 愛情、誠実、心の平和
3月 アクアマリン 幸福、聡明、思いやり
4月 ダイヤモンド 純粋、永遠の愛
5月 エメラルド 幸運、やすらぎ、希望
6月 ムーンストーン 健康、やさしさ、癒し
7月 ルビー 純愛、男気、深い愛情
8月 ペリドット 成長、夫婦愛
9月 サファイア 慈愛、忠実
10月 ピンクトルマリン 無邪気、潔白、広い心
11月 ブルートパーズ 希望、繫栄
12月 タンザナイト 高貴、冷静、柔和

上記のように、1つの石にも石言葉が複数あり、それぞれの意味が異なります。

 

お店によって取り扱っている宝石の種類は異なりますので、入れたい宝石があるのかどうかは事前に確認しておきましょう。

シークレットストーンに向いていない宝石とは

シークレットストーンは指輪の内側に埋め込むため、つねに肌に直接触れることになります。
そのため、皮脂や汗、洗剤などに弱い宝石は、長時間肌に触れ続けることにより劣化してしまう可能性があるためオススメしません。

 

主に、以下の宝石は控えた方がよいでしょう。

シークレットストーンに向いていない宝石
  • ・サンゴ
  • ・ヒスイ
  • ・パール
  • ・オパール
  • ・ラピスラズリ
  • ・エメラルド
  • ・ムーンストーン
  • ・ブルートパーズ
  • ・タンザナイト

上記の宝石は硬度が低いため、傷がつきやすい宝石とされています。
水そのものや熱にも弱い宝石でもあるため、シークレットストーンの役割にはオススメできません。

 

また、上記のうち、「エメラルド」「ムーンストーン」「ブルートパーズ」「タンザナイト」は超音波洗浄に向いていない宝石です。
アフターサービスについているクリーニングでは、超音波洗浄を行うためこまめに結婚指輪の洗浄を検討している方は気を付けましょう。

 

一方で、ルビーやサファイアなどは硬度が高いため、シークレットストーンに向いている宝石なのでオススメです。
もし硬度が低いものや、水や熱に弱いものをシークレットストーンとして選ぶ場合には、メンテナンス方法をあらかじめお店に確認しておくとよいでしょう。

シークレットストーンのメンテナンス方法

最後に、シークレットストーンのメンテナンス方法を紹介します。

 

一般的なメンテナンス方法としては、中性洗剤を使って洗浄することです。
身近で使える中性洗剤としては、リビング掃除で利用出来るウタマロや浴室用の洗剤であるバスマジックリンなどが挙げられます。

 

しかし、宝石によって適したメンテナンス方法が異なるため、すべての宝石に中性洗剤を使用してよいというわけではありません。

 

お店によっては、シークレットストーンのメンテナンスをアフターサービスとして行っているところもあります。
埋め込む宝石に適したメンテナンス方法は、指輪を購入する際にあらかじめ確認しておくことが大切です。

 

もし、自分で出来るメンテナンスであればやってみてもよいですが、アフターサービスがついている場合は、お店への依頼もうまく利用しましょう。

シークレットストーンを埋め込むことで特別な結婚指輪になる

いかがでしょうか?

 

シークレットストーンとは、結婚指輪の内側に埋め込む宝石のことです。

 

パートナーと選んだ宝石を埋め込むことで、2人だけの特別感のある結婚指輪になり、隠れたオシャレも楽しめるというメリットがあります。
一方で、常に皮膚と触れていることからシークレットストーンが汚れやすくなってしまうという側面もあるため気を付けましょう。

 

お店に確認して自分でメンテナンスを行うこともよいですが、アフターサービスがついている場合はお店へ依頼することもオススメです。

 

モニッケンダムでは、購入後のアフターサービスもついていますので、しっかりとしたメンテナンスをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

ダイヤモンドの結婚指輪はこちら
ダイヤモンドの婚約指輪はこちら

一覧