CRAFTSMANSHIPクラフツマンシップ

CIRCLE OF LUSTREダイヤモンド業界を震撼させた「サークル オブ ラスター」

磨かれたガードル
「サークル オブ ラスター」

当時、磨かれていなかった
一般的なガードル

モニッケンダムは、常にダイヤモンドをより美しく輝かせるための技術を追求してきました。

中でも、1954年に大きな衝撃を与えたのが「サークル オブ ラスター」。

これは、ラウンドブリリアントカットのガードル(外周部分)を、ファセットなしで磨き上げる技法。

ダイヤモンドを真上から見ると、ガードルが名前の由来となった光の輪となって輝きます。

ガードルの研磨は、今では多くの企業が行っていますが、モニッケンダムのクラフツマンが世界に先駆けて開発した技術です。

MIRACLE OF 0.00164ct0.00164ctの奇跡

モニッケンダムの歴史は、卓越したカッターの歴史でもあります。

1965年、生え抜きのカッターであるキース・ボーエンは、1/607カラット(0.00164ct)のダイヤモンドに、58面体のフルカットを施し、人々を驚嘆させました。

この世界最小フルカットダイヤモンドへの挑戦と成功は、モニッケンダムのクラフツマンシップの象徴として語られ、その精神は現在も脈々と息づいています。

The secret of dazzling sparkle is
Sparkling Finishまばゆい煌めきの秘密は「スパークリング フィニッシュ」

モニッケンダムのダイヤモンドは、最後の仕上げとして、各ファセットを鏡面の様に磨き上げるポリッシュを行います。

研磨痕が完全に取り去られるまで、世界最高水準の技術で幾度も磨き上げるこの仕上げ。

ダイヤモンドが、四方からの光を反射し、煌めきがはじけ飛ぶイメージから、スパークリングフィニッシュと呼ばれています。

  • モニッケンダム ダイヤモンドの仕上げ
    「スパークリング フィニッシュ」

  • 一般的なダイヤモンドの仕上げ

"125 facet diamond" Unparalleled and unique glow.比類なき唯一無二の輝き「125 ファセット ダイヤモンド」

1890年 ルイ・モニッケンダムから4代にわたり受け継がれた精神『原石に命を与える』

あれから125年の時を経て生まれた、一つの答えが「125 ファセット ダイヤモンド」。

これまでも、これからも最高の輝きをお届けします。

  • モニッケンダム オリジナルカット 125面体

    モニッケンダム オリジナルカット 125面体

  • 一般的な58面

    一般的な58面

モニッケンダム オリジナルカット 125面体

モニッケンダム オリジナルカット 125面体

一般的な58面

輝きの特徴

58面体のラウンドブリリアントカットを基にクラウン・パビリオンのファセット数を細分化されています。

通常58面体にカットを要する2倍以上の時間をかけ、経験豊富な熟練した職人の手により、一つ一つ丁寧にカットされています。

その事により、125面のファセットから生み出される『ブリリアンシー』・『ファイヤー』・『シンチレーション』3つの輝きが分散し、輝きのパターンの美しさを追求しました。

ひときわ鮮やかに広がる輝きをお楽しみいただけます。

  • ブリリアンシーBrilliancy
    テーブルのサイズはそのままに、モニッケンダムダイヤモンドの特徴である『ラグジュアリーホワイト』を損なうことなく豊潤な白色光をもたらします。
  • ファイヤーFire
    内部に入った光が反射されクラウンから放たれる輝きはファセット面が増す事により、繊細な虹色の光を放ちます。
  • シンチレーションScintillation
    内部に入ったファセット数が増えることで無数の煌めきが優雅な印象を演出します。

The GIA approved MONNICKENDAM
original design.世界のGIA が認めたGIA モニッケンダムオリジナルデザイン
(125面体のプロット入り)

ガードルには世界に一つの証2つのレーザー刻印