Columnコラム

  • HOME
  • コラム
  • エンゲージリング(婚約指輪)は本当に必要?女性の本音とは

エンゲージリング(婚約指輪)は本当に必要?女性の本音とは

エンゲージリング(婚約指輪)は本当に必要?女性の本音とは

最愛なる人へプロポーズをするときに用意したいエンゲージリング。男性は渾身の想いを込めて指輪を贈りますが、実際にプレゼントされた女性はどう思っているのでしょうか。「永遠に変わらない愛の誓いと感じられて嬉しい。」それとも「日常的に身につけるものではないので、必要性を感じない。」どちらなのでしょうか。女性の本音に迫ってみました。

エンゲージリングは必ず必要なのか

結婚情報誌 ゼクシィの調査によれば、婚約記念品が「あった」人は約70%、「なかった」人は約30%という統計があります。ちなみに、婚約記念品をもらった人の90%近くが、エンゲージリングを受け取ったことが分かります。やはり多くの人が、エンゲージリングは婚約する証と認識。ふたりの愛の象徴、共有の財産など重要な意味を持つ、ふたりの繋がりを深めるアイテムと捉えているようです。

一方で「婚約指輪にお金をかけるのはもったいない」という意見もあるのも確か。女性全員が、婚約指輪に必要性を感じている訳ではないようです。購入する際は、ふたりで考えることが大切ですね。ただし、表向きは「もったいない」と言っていても、男性の金銭事情を考慮しての発言であるということもあります。そんなときは男性から女性へ安心させるような声がけができると良いですね。

エンゲージリングは2人で選ぶのがオススメ

サプライズで贈りたいとの理由から、エンゲージリングは男性1人で選ぶケースが多いようです。しかし、エンゲージリングは高価な贈り物。できれば、ふたりで一緒に選ぶことをオススメします。ゼクシィの調査でも、約90%近い女性が、エンゲージリングをふたりで選びたいと考えていることが分かります。好みの問題が大きいことに加え、エンゲージリングを購入するという結婚前のイベントをふたりで楽しみたいという気持ちが根底にあるからのようです。

ここで、どうしてもサプライズで購入したい男性に朗報です。モニッケンダムでは、ダイヤモンドのみをお買い求めいただき、プロポーズ後におふたりで来店。改めて、好みのデザインを選んでいただくこともできます。ひとつの案として、検討してくださいね。

いつまでに用意するべき?

両家の顔合わせなど決まった日に身に着けたい場合は、3ヶ月前くらいには購入準備を進めましょう。受け取りまでに4週間程度かかります。鍛造など特殊な製法で作られたデザインは、2か月近くかかる場合があります。使う日までの時間を考え、余裕をもってとりかかりましょう。

エンゲージリングの価格はいくらが相場?

エンゲージリングの価格は、給料の3ヶ月分と言っていた時代もありますが、実際は給料1~2ヶ月分ほどの価格に収まっているようです。ゼクシィが行った2019年結婚調査データによると、エンゲージリングの全国平均値は35.5万円。地域によっても価格差があり、首都圏が最も高額の36.8万円、最もリーズナブルなのは青森・秋田・岩手で26.7万円となっています。地域によっても相場は異なりますので、ひとつの参考材料としてください。

とはいえども、購入価格と女性の満足度は比例するというデータがマイナビウェディングより発表されています。内訳ですが、10~20万円未満の婚約指輪を受け取った女性の約25~35%は、指輪に対して「ある程度~やや不満」と回答。一方、平均を上回る40~50万円の婚約指輪を受け取った女性で「やや不満」と回答した人はゼロだったそうです。

もちろん、高額であれば良いという訳ではありません。一番は気に入るものを購入すること。そして、なによりも気持ちがこもっているかが大切ですね。

エンゲージリングをお探しの方は「モニッケンダム」へ

エンゲージリングをお探しの方は「モニッケンダム」へ
英国を代表するジュエリーブランド・モ二ッケンダムは、希少なダイヤモンドで作られた多彩なデザインのリングが揃っています。一例ですが、「11EN19」は、中央にブリリアントカットされたダイヤが収められ、両サイドにセットされたダイヤがより華やかさを演出。
存在感のある婚約指輪です。上品なSラインの「10EN13」は、斜めに流れるようにデザインが施され、ダイヤが繊細な輝きを放ちます。
重ね付けにも最適な「11EN20」は、V字の繊細なラインが特徴的。V字に沿ってあしらわれたダイヤが可愛らしく、洗練されたデザインとなっています。
ほかにも高品質なエンゲージリングを豊富に揃えております。ぜひ、気軽にご相談ください。

一覧