Columnコラム

  • HOME
  • コラム
  • ダイヤモンドの価値は何で決まる?価値基準を知って購入時に役立てよう

ダイヤモンドの価値は何で決まる?価値基準を知って購入時に役立てよう

ダイヤモンドの価値は何で決まる?価値基準を知って購入時に役立てよう

ダイヤモンドの価値は基準によって異なります。そのためダイヤモンド=高価なものではなく、4Cやグレードによって差が出ます。ですからこれらについて知っておくと購入するときに役立つでしょう。ここではダイヤモンドの価値基準について解説しています。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

「ダイヤモンドの価値を決める基準とは?」

ダイヤモンドは一つ一つ色味や輝きが異なるため、すべて同じ価値を持っているわけではありません。ダイヤモンドそのものの価値を決めるのは一般的に「要素」と「グレード」と言われていますが、他にもさまざまな基準があります。ここではそんなダイヤモンドの価値基準について紹介します。

「ブランド品の有無」

ダイヤモンドに限ったことではありませんが、ブランド品かノーブランド品かによってダイヤモンドの価値は大きく変わってきます。当然前者のほうが価値は上がるでしょう。

「4つの要素」

4つの要素とは、カラット・カット・カラー・クラリティーになります。石の鑑別で必ず用いられる基準でこれらの要素とグレードが高いほど価値の高いダイヤモンドになると言われています。

「デザインや大きさ」

ダイヤモンドのデザインや大きさも価値に影響します。同じダイヤモンドでも一つ一つ異なり多彩ですから、どんなカットが施されているのか石の大きさはどれくらいなのかなどで変わってくるでしょう。

「品質「4C」で決まるダイヤモンドの価値」

ダイヤモンドの品質を知るために欠かせないのが「4C」です。4Cで価値が決まるといっても過言ではありませんから、ダイヤモンドを購入するときの参考にもなるでしょう。ここでは4Cについて紹介します。

「カラット(重さ)」

カラットはctと表示し、1カラットあたり重さは0.2gになります。1個10ctのものと10個10ctのダイヤモンドでは当然前者のほうが価値があります。
ちなみに、0.3もしくは0.2 ct未満の小さなダイヤモンドは「メレダイヤ」と呼ばれており、メイン宝石の周りに配置する脇石や飾り石として使われています。

「カラー(色)」

カラーはD~Zの23段階に分けられており、無色透明なほど価値のあるダイヤモンドになります。ダイヤモンドはもともと色味があるため段階によって透明度も変わってきます。ちなみに品質が高いのはD・E・Fです。

「クラリティー(透明度)」

傷や内包物が目視できるかどうかで決まってきます。もちろんこれらがないダイヤモンドのほうが価値は上がります。

「カット(技術加工)」

職人によってカットされたものを言います。どのような角度でカットするかでダイヤモンドの輝きや煌めきが変わってくるため5段階で評価されます。もっとも低品質なのがPoor、高品質がExcellentになります。

「ブランドによるダイヤモンドの価値」

ダイヤモンドに限らずジュエリーは「付加価値」で価値の高さが決まるため、ブランド品のほうが評価が上がりやすいのはそのためです。ブランド品はそれだけデザインなどにコストをかけ入念に作られているからでしょう。ブランド品でも世界的に有名なものやハイブランドであるほど価値は上がります。

「カット・加工処理も価値に影響を与える」

ダイヤモンドはどのようにカットされたかによっても価値が変わってきます。カラットやカラーなどが良くてもカットが良くないと、どうしても価値は下がってしまいます。ここではダイヤモンドの価値を決めるカットについて紹介します。

「エンハンスメント」

宝石の本来の良さを生かしながら美しさを引き出す加工処理です。この作業は採掘された産地で行われることが多く、宝石によってさまざまな加工が施されます。

「トリートメント」

一方でトリートメントは人工的な処理を行う加工になります。本物の石を染めたりガンマ線照射したりするので価値が下がってしまいます。

「ダイヤモンドの価値はさまざまな方法で決まる」

ダイヤモンドと言うだけで価値のある宝石に思われがちですが、実際は4Cやグレードなどで大きく変わってくることがわかりました。またどんなに価値のある宝石でも加工処理によって希少性が下がってしまうこともあり、ダイヤモンドの価値は非常に幅広いと言えるでしょう。

一覧