CONCEPT

  1. ホーム
  2. CONCEPT
  3. Cutting Policy(カッティングポリシー)

Cutting Policy(カッティングポリシー)

モニッケンダムが考える、最高のダイアモンドとは...

カッティングによりマキシマムラスター(最大限の輝き)が引出されたダイヤモンドであると考えます。

マキシムラスターを引き出すこと、すなわち「 原石に命を与える 」を、カッティングポリシーとしています。

モニッケンダムが最も大切にしている輝きとは...

ダイヤモンドの生命は輝きで、それは、ブリリアンシー・ファイアー・シンチレーションの組み合わせで生まれます。なかでもモニッケンダムが美しい輝きの基準として最も大切にしているのがブリリアンシーです。テーブルからの白色光は、ダイヤモンドが放つ光の中で最も強く明るいものであり、モニッケンダムはこの白く豊潤な光を最も大切にしています。

その光はLUXURY WHITE(ラグジュアリーホワイト)と呼ぶ、心に響く贅沢な輝きです。

創業以来120年にわたり培ったラグジュアリーホワイトを引出す熟練の技術は、現在まで脈々と受継がれ、その技術は、直径1mmにも満たない0.0016ctの石に58面体でカットを施すほど精緻なものです。

ファンシーカットでは、原石の特徴を最大限に活かした完成品をイメージすることと、そのイメージ通リにカットする精緻な技術が不可欠です。モニッケンダムのファンシーカットは比類なく美しい、と世界でも高い評価を得ています。